筋トレ後には豚汁や豚丼がおすすめ|高タンパク質でビタミンBが豊富



筋肥大バルクアップ筋トレの後の食事としておすすめなのが豚汁や豚丼ですが、その理由と具体的な調理方法・レシピ例をご紹介します。

■豚もも肉のカロリー・栄養素

●高タンパク質でビタミンBが豊富


こちらが、今回の材料の豚もも肉と野菜類で、野菜類は冷蔵庫にあったありあわせのものです。

豚肉さえあれば、ありあわせの材料でも美味しくいただけるのが、豚汁や豚丼のメリットと言えます。

主たるタンパク質食材である豚もも肉100gあたりのカロリー・栄養素は以下の通りです。

エネルギー:183kcal (82kcal)
タンパク質:20.5g (91.8kcal)
脂質:10.2g(0.8kcal)
炭水化物:0.2g

かなりの高タンパク質で、筋肥大バルクアップに必要な筋肉合成カロリーも適度に含んでいることがわかります。

また、それだけでなく、糖質代謝やタンパク質代謝に重要な役割をするビタミンB群を多く含んでいることも、豚肉が筋トレに最適な理由です。

■具体的な豚汁丼の作り方


まずは、野菜類を細か切りにしておきます。火が通りやすいので、薄めに切ることをおすすめします。


続いて豚肉を焼いていきますが、カロリーを上げすぎないために、テフロン加工のフライパンで油を使わずに炒めるのがポイントです。


豚肉がやけたら、先ほど下ごしらえした野菜類を加え、さらに加熱します。


野菜に火が通ったら、キノコ類を加え、だしの素・味噌・みりんで味付けをし、水を加えて煮込んでいきます。


味噌は溶けにくいので、写真のようにお玉を使って行うとスムーズです。


最後に刻みネギを加え、蓋をして数分間蒸したら豚汁は完成です。


豚汁のままいただいてもよいのですが、今回は豚汁をご飯に乗せて「豚汁丼」にします。

ご飯は軽めにするのが、筋トレ飯のポイントです。


豚汁丼が出来上がりました。

筋トレ向きの丼は、「ご飯が見えたら具が少ない」のイメージで、しっかりと具を乗せましょう。