マシンチェストプレスの正しいやり方とフォームのポイント|大胸筋に効果のある筋トレ

■マシンチェストプレスが主に効果のある筋肉部位

●大胸筋を中心に三角筋・上腕三頭筋に効果がある

マシンチェストプレスは、大胸筋を中心として三角筋や上腕三頭筋といった上半身の押す筋肉全体に効果があります。また、押し出す軌道によって効果のある部位が変化します。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■マシンチェストプレスの正しいやり方とフォームのポイント

●グリップが肩関節より下になる位置で構える


マシンチェストプレスは、マシンが軌道のブレを支えてくれるのでフリーウエイトトレーニングに比べると、筋肉に高負荷をかけることが可能です。

なお、肩甲骨を開放(寄せないフォーム)したり、拳が肩関節より上にくるポジションで動作を行うと肩関節に負担がかかりますので、シートやマシンアームを事前に調整して行ってください。

また、マシンによっては押し出す角度が変えられるものもありますが、斜め上軌道だと大胸筋上に、斜め下軌道だと大胸筋下部に効果があります。

■マシン筋トレのプログラム

マシントレーニングメニュー|ジム筋トレ一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説