ダンベルプルオーバーの正しいやり方とフォームのポイント|大胸筋と広背筋に効果のある筋トレ

■ダンベルプルオーバーが主に効果のある筋肉部位

●やり方により大胸筋または広背筋に効果がある

ダンベルプルオーバーはそのやり方(主に肘の角度)によって、効果のある筋肉部位が大胸筋から広背筋まで変化します。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■ダンベルプルオーバーの正しいやり方とフォームのポイント

●大胸筋は肘を曲げて広背筋は肘を伸ばして行う


この動画のように、肘を曲げて行うベントアームプルオーバーでは大胸筋に負荷がかかります。プルオーバーは大胸筋に対して数少ない縦方向の収縮をもたらす種目ですので、筋肉が刺激に慣れてきたころに組み込むとたいへん効果的です。


一方、この動画のように、肘を伸ばして行うストレートアームプルオーバーでは広背筋に負荷がかかります。

■ダンベル筋トレのプログラム

ダンベル筋トレメニュー|自宅で効率的に筋肥大する一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説