バーベルプルオーバーの正しいやり方とフォームのポイント|大胸筋と広背筋に効果のある筋トレ

■バーベルプルオーバーが主に効果のある筋肉部位

●フォームにより大胸筋から広背筋まで効果のある部位が変化する

バーベルプルオーバーは、フォームによって大胸筋から広背筋まで効果のある部位が変化する、やや特殊なトレーニング種目です。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■バーベルプルオーバーの正しいやり方とフォームのポイント

●大胸筋なら肘を曲げて広背筋なら肘を伸ばして行う


バーベルプルオーバーは、肘を曲げて行うベントアームスタイルだと大胸筋に対して負荷がかかります。この場合、肩幅程度の狭いグリップで、肘を内側に絞るようなイメージで動作を行います。


一方、広背筋をターゲットにする場合は、肘を伸ばしたストレートアームスタイルで、グリップ幅を広くとり、肘をひらいたまま動作を行います。

■バーベル筋トレのプログラム

バーベル筋トレメニュー|ジムで本格的にバルクアップする一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説