逆立ち腕立て伏せの正しいやり方とフォームのポイント|三角筋に効果のある筋トレ

■逆立ち腕立て伏せが主に効果のある筋肉部位

●三角筋・上腕三頭筋

パイクプッシュアップは主に三角筋(前部・中部)に効果があり、二次的に上腕三頭筋にも効果があります。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■逆立ち腕立て伏せの正しいやり方とフォームのポイント

●肘を体幹より後ろにしない


逆立ち腕立て伏せは倒立した状態で腕立て伏せの動作を行いますが、自立する必要はなく、動画のように壁を利用するのが効率的なやり方です。。

また、肘が体幹よりも後ろ(背面側)になるフォームだと、肩関節を痛めるリスクがありますので、かならず肘は体幹よりも前側にするようにしてください。


■自重筋トレのプログラム

自重トレーニングメニュー|効果的に筋肥大する一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説