ディップの正しいやり方とフォームのポイント|大胸筋下部に効果のある筋トレ

■ディップが主に効果のある筋肉部位

●大胸筋・三角筋・上腕三頭筋

ディップは、大胸筋を中心として上腕三頭筋にも効果があります。腕を押し出す角度が体幹に対して斜め下方向になるので、なかでも、大胸筋下部に高い効果があります。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■ディップの正しいやり方とフォームのポイント

●やや前傾姿勢で行う


ディップは身体を下ろす時に、やや前傾姿勢で行うのがポイントです。また、肘をあまり開くと、大胸筋ではなく上腕三頭筋に大きく負荷が逃げてしまうので注意してください。



なお、ディップスタンドで行うのが理想ですが、この動画のように、椅子を二つ利用して代用することも可能です。

■自重筋トレのプログラム

自重トレーニングメニュー|効果的に筋肥大する一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説