足上げ腕立て伏せの正しいやり方とフォームのポイント|大胸筋上部に効果のある筋トレ

■足上げ腕立て伏せが主に効果のある筋肉部位

●大胸筋・三角筋・上腕三頭筋

足上げ膝つき腕立て伏せは、大胸筋を中心として三角筋と上腕三頭筋にも効果があります。腕を押し出す角度が体幹に対して斜め上方向になるので、なかでも、大胸筋上部に高い効果があります。

なお、全身の筋肉部位名称と主な作用については下記の記事をご参照ください。

筋肉名称と作用および鍛え方|筋トレで鍛える部位の名前と共働筋・拮抗筋

■足上げ腕立て伏せの正しいやり方とフォームのポイント

●やや腰を曲げて動作を行う


足上げ腕立て伏せ(デクラインプッシュアップ)は、足を上げることで上半身に対する負荷を高めるとともに、その軌道から大胸筋上部に効果の高いトレーニングです。

お腹を突き出すフォームになると、せっかくの軌道が一般的な腕立て伏せと同じになってしまうので、やや腰を曲げ気味で行うくらいが適切なフォームです。

■自重筋トレのプログラム

自重トレーニングメニュー|効果的に筋肥大する一週間の部位分割プログラム

■筋トレメニューの全て

筋トレメニュー全種目一覧|部位別・器具別の一週間プログラムも例示解説